スクリプト備忘録

1/18ページ

Laravel:Redis php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known [tcp://redis:6379]

Laravel:Redis php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known [tcp://redis:6379] とある現場にて、Laradockを使い開発環境を構築していました。 で、詰まったのがこのRedisのエラーです。 検索すると「M1_MACの事由」の話も存在しており「それか!」とも思ったので […]

Laravel:単語の接続方法(〜Case)と命名規制とベストプラクティス

Laravel:単語の接続方法(〜Case)と命名規制とベストプラクティス 「ルートはケバブケースの複数形で」と言われケバブケースが出てこなかったので一通りまとめていきます。 ついでに【ベストプラクティス】についても触れていきます。 単語の接続方法【〜Case】 一人で開発していた時は気にした事も無かったのですが、チーム開発な現場に入ると絶対に言われるのがコレです。 「そこはキャメルケースで書いて […]

DynamoDBとの接続でlaravel-dynamodbを使ってみた感想

DynamoDBとの接続でlaravel-dynamodbを使ってみた感想 laravel-dynamodについて簡単にまとめます。 dynamodb-localもコンパイルされたある意味完成されたDockerが存在している 勉強用資料としてはとても優れている とりあえず試すには最適(これ以上の解はない) 本番環境で利用するにはdynamodb-localの切り離しが必要だがここが心配になるスクリ […]

Laravel:数字8桁の一意の乱数を生成する5つの方法

Laravel:数字8桁の一意の乱数を生成する5つの方法 例えば、サーバーが決めたIDでログインさせるなど「自動採番で8桁数字を生成してログインに使えるようにして」とか。 SMSで認証コードとして利用する乱数も数字になること多いですよね。 PHPでランダム値を生成する方法は全部で5通り rand() mt_rand() random_int() random_bytes() openssl_ran […]

Laravel:5億越えのレコードをEloquentで消費メモリを抑えながら処理する方法

Laravel:5億越えのレコードをEloquentで消費メモリを抑えながら処理する方法 私の作成したアプリにて不具合発生の連絡がありました。 結論を先に言ってしまえば、レコード数が多すぎて私の書いたコードではTimeOut 起こして終了してました。 TimeOut時間を伸ばす。 その方法もあるのですが、今回は処理時間を早くして解決するアプローチを記載していきます。 止まっていたのはLaravel […]

LaravelのModelの【guarded】について勘違いしていた件

LaravelのModelの【guarded】について勘違いしていた件 [crayon-617b15420b715155846840/] はい、これ間違いスクリプトです。guardedにemailが存在する事、無いとは言えませんが、まぁほぼ無いでしょう。 チームに迷惑かけた私の理解不足。 いやぁ、申し訳ない。 guarded = 複数代入禁止項目の設定 この認識はあったんですよね。 で、個別に登録 […]

「Dockerコンテナがうまく起動しない」そんなときにチェックするコマンドまとめ

「Dockerコンテナがうまく起動しない」チェックするコマンドまとめ 今回はきつかったです。 納期1日前に来るデザイン原稿 納期前週金曜日に行われたDockerの本番環境構築への変更 そして、これに伴うコンテナ未起動問題と修正しようとして行った作業によるDocker立ち上がらない問題。 てんこ盛りでした。 と言う事で、その時の現場検証に使われたコマンドで私が知らなかったものを中心にまとめます。 ま […]

laravel8.x:変わりすぎて戸惑った仕様についての備忘録

laravel8.x:変わりすぎて戸惑った仕様についての備忘録 悩む案件抱えると途端に更新できなくなるこのブログ。 という事で、2週間ぶりの新規記事です。 現在動いている案件にて【Laravel8系】で構築することになったのですが、こいつが6系と変わりすぎていて解読に時間を要してしまいました。今回は8系に変えた際の『悩みポイント』についてザクっとまとめます。 8系で変更はSPAを意識した変更が多く […]

Django:DataFrameを配列(リスト)にしてDBに格納する時の注意事項

Django:DataFrameを配列(リスト)にしてDBに格納する時の注意事項 CSVデータをDBに取り込む時どうしてますか。 CSVの構造をそのまま(計算処理と化しないで)DBに持っていくのであれば、DataFrameに格納して【to_sql】で投げてしまうのが一番簡単です。が、今回はDataFrame化した値をリストで引き取って計算して統制してDBにSaveするという面倒な段取りを踏んだ時の […]

Django:MySQLのdatetime型を日付一致で取り出す方法(QuerySetで)

Django:MySQLのdatetime型を日付一致で取り出す方法(QuerySetで) これも短い記事になりそうな気がしますが、備忘録ですのであしからず。 具体例:楽天市場のTrackingデータ収集 RMSの中をスクレイピングしてこんな姿のCSVファイルを作成しました。 このデータをDBに格納しようとした時、重複防止の処理をどう書くかが1つの課題となります。 ファイルを読込み、for inル […]

1 18